誰でもできる副業&節約術

サラリーマンも主婦も簡単にできる副業や節約術を紹介していきます。

4人に1人が使っているカードとは?

日本で4人に1人が使っているカードを知っていますか?

 

 

『LINE Pay』という、
あのアプリのLINEが出しているプリペイドカードです。
 
 
↑2018年に持つべきカード』という特集でも紹介されてます!
 
 
 
 
この記事を書くにあたってどれくらいの登録があるのか調べてみると、
去年の時点で日本ユーザーが3000万人を突破しているようです。
 
{84A84973-D218-416F-A160-7C65DD62E783}
 
LINEアカウント1つにつき一枚しか作れないので、単純計算で日本人の4人に1人は持っているという事になりますが、恐らく今はもっと増えているでしょう。
 
 
 
 
 
LINE Payのメリット、デメリットについて簡単に書きたいと思います。
 
【メリット】
①小銭やお釣りが必要無いので、支払いがスムーズ
②ポイント還元率が高く2%
③クレジットカードのような審査が無い
④手数料や年会費がかからない
公共料金の請求書の支払いができる
⑥家計簿アプリと連携できる
⑦事前にクレジットカード登録すれば必要に応じてLINE Payでそのクレジットカードとして使う事ができる
⑧LINE上で友達に送金ができる
⑨外貨への両替ができる
⑩チャージをLINE上でできる
 
 
【デメリット】
①セルフのガソリンスタンドで認識されない
 
 
正直、デメリットはありません!!
使う店舗により多少カードの使い分けはしていますが、LINE Payを使っていて不便さを感じたことはありません。
  

fyuki.hatenablog.com

 

前回の記事で紹介したポイントサイトと同様に、貯めたLINEポイントは直接LINE Payにチャージできますし、Amazonのギフト券、nanacoやメトロポイントやPontaポイント、JALのマイルなど幅広く使う事ができるので使い道に困ることはありません。

 
 
 
 
 
普段クレジットカードなどを使っていない方は、2%の還元率が高いのか安いのか分からないかもしれませんが、総務省が調べた2人以上世帯の家計調査では、月々平均で食料に7.5万円と報告されています。
 
スーパーや外食時など食費だけLINE Payで支払ったとして
 
75,000円×12ヶ月×2%=18000 となります。
 
現金払いに比べて年間約2万円分のポイントが付きます!!!
 
なるべく安いお店で買い物したり、光熱費を抑えたり様々な節約をしている方もいると思いますが、支払い方法を変えるだけでこれだけ変わってくるのでそういった節約よりはるかに楽で効果も高いですよ!
 
クレジットカードは請求が一ヶ月程遅れますが、LINE Payはその場での支払いになるので、後日支払い額を見て驚くことはまずあり得ません!
カード払いに抵抗がある方でも始めやすいのでは無いでしょうか?