誰でもできる副業&節約術

サラリーマンも主婦も簡単にできる副業や節約術を紹介していきます。

節約のキホン「流動費ではなく、固定費を削れ!!」

今回は、節約の基本である支出の分け方について紹介します。

 

f:id:fYUKI:20180401112958j:plain

 

支出の分け方はいくつかありますが、

今回は「固定費」と「流動費」の二つについて書きます。

 

 

固定費には、

家賃や保険料、住宅・車のローン、教育費などが含まれます。

「固定費は、金額が毎月変わらないお金です。」

 

流動費とは、

食費や医療費、交際費、娯楽費などが含まれます。

「流動費は、金額が毎月変わるお金です。」

 

 

節約というと、食費や光熱費を削ることが多いように感じます。

例:

今月は食費を○○○円で生活しよう

今月はこまめに電気を消し、エアコンを我慢して電気代を抑えよう

 

しかし、食費や光熱費は流動費になります。

 

流動費は元々金額が変動するお金です。

その月の金額が少なかったとしても、実際にいくら節約できているのか分かりません。

 

そのため、節約したお金を他に回すことが難しいですし、

節約できた金額の増減で一喜一憂するのも精神的なストレスになります。 

 

 

以上のことから、

節約をするには「固定費」と「流動費」に分けて考える必要があります。

 

そして、固定費を見直すことが重要です!!

 

固定費の見直しでオススメなのは、スマホ代です。

ネット上で料金シュミレーションやプラン変更が行えるので、すぐに実践できる見直しの一つです。

 

私自身、夫婦で月々約2万円携帯代に支払っていましたが、

見直して格安SIMにしたことで、現在は約5000円に抑えることができています。

 

 

その他の固定費の見直しについては、こちらを参考にしてください。

 

 

節約の勉強には、この本がオススメです! !

今回のような支出の分け方など、すぐに実践できる内容が書かれています。